10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

劇団「横綱チュチュ」

Author:劇団「横綱チュチュ」
横浜市磯子区を中心に活動している劇団です。
(横綱チュチュトップページへ)
お問い合わせはメールフォームからどうぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本公演明けの新杉田

2012.11.25 12:45|本番
本公演の幕が下りた翌日に、荷物を積んだまま置きっ放しにしているクルマを取りに行く事が、毎年恒例になっている。あれだけ濃密な2日間を過ごした新杉田駅前なのに、たった一夜明けただけで、妙に他人行儀な感じがするから不思議なものだ。
昨年、伝説(?)のオカマの占い師「ジャンヌ」をやらせてもらった公演明けには、「もう役者は辞めよう…」って思いながら、新杉田駅前の空を眺めていた事が、なんだか妙に懐かしい。

劇団の皆は、今どんな想いで本公演明けの青空を眺めているんだろ?
今日の私は、公演後ロビーに出てきた沢山のお客様の「いい顔」と、打ち上げの時の皆の「いい顔」を思い出して、心地よい虚脱感に包まれて、新杉田駅前の青空を眺めている。夫々が色んな想いを抱いているんだろうけど、あんなに素敵な一時をあんなに素敵な仲間たちと過ごせたって、何より幸せだと思わない?

何だかんだと言ったって、芝居って最高だよ。


IMG_3848.jpg


高橋先生
スポンサーサイト

袖が好き

2012.11.24 00:19|本番
本番、はじまりました!
自分のことで、精一杯です。

みんな、自分のことで精一杯なはずなのに、
みんながみんなのために、動きまくっています。

いつの間にか、自分の小道具を受け取ってくれる人がいたり。
いつの間にか、このシーン、あのシーンで、
「がんばれ!「行って来い!」というように、
袖で送り出してくれる人。
見守ってくれている人。

物語の世界を生きているのはもちろんのことですが、
袖の世界の躍動、お客様にお見せできないのが残念です。

ああ、どうしようもなく、
袖が好き♪

由紀


迷えるおトメ

2012.11.17 00:00|稽古の様子
今週からいよいよ、杉田劇場での稽古。
全体稽古は、今日を終えたら、あと一回だけ。
だのに、だのに~だのに~
迷ったままの、乙女。じゃなくて、おトメ。
現在過去未来、迷い道くねくね~とか、歌ってる場合じゃない。
稽古不足を幕は待たない。
嗚呼、ああ…
どうした私?どうするつもりだ私!?
今日の富士山は、泣けるくらいきれいだった。
泣いて何とかなるものなら、涙くらいいくらでも出すさ。
嗚呼、ああ…
大人になると、泣いたってどうにもならないことを知るのさ。
嗚呼、ああ…
自分の力で何とかするのさ。そうさ、何とかするのさ。
…………トメ

チャージ完了♪

2012.11.14 21:44|その他
今日は仕事のあと、ふと思い立って、帰宅せず、
十王岩を目指してウォーキング。
まずは鎌倉へ。
そして扇ガ谷を線路沿いに歩き、亀ガ谷坂切通しを抜けて、建長寺へ。
本殿へのお参りは端折って、半僧坊へ。
階段を上る手前の竹林や、林のベンチで、一休み。
風が鳴らす、竹の音。
5月に来たときには、「さくなむさ」が満開だったけど、
今日は、葉っぱが縮こまっていました。

なんだか、山の「色」が、違って見えます。
紅葉の一歩手前、これからが本番。
まるで、舞台の本番前の高揚のようです。

木の根っこに足を採られて転ばないように注意しながら、
山道を歩きます。
本番前にケガしたら、一大事…(汗)。
何を隠そう、小公演の最中に骨折したことのある私ですから!

たどり着いた十王岩のあたたかさに触れながら、
鶴岡八幡宮、若宮大路、相模湾を眺めます。
きれい。
色々な方向から、風が吹いてきます。
風を感じます。

十王岩からすこし戻って、今泉方面へ進路変更。
日が暮れるまでには、もう少し間があります。
そうだ、白山神社へ行こう。
あるんですよ、鎌倉にも、白山神社が。

白山神社の参道の前の道路沿いのガードレールに、
ひとつひとつ、パンジーの小さい鉢が飾ってありました。
一体、誰が?
神社の氏子さんかしら?

たっぷりと自然を満喫したあと、
パンジーを飾った人の気持ちに触れ、
思いがけず心がふわっとした、夕暮れ時。

由紀

あと一歩

2012.11.12 05:06|稽古の様子

 チュチュのお稽古は楽しい。

 早口と言われなかったし、今日はうまくできたかな?

 本番目指して、もっともっとお稽古頑張ります。

                        リカ


 本番まで二週間をきりました。

 お稽古もあと数回。

 皆さん確実に前進していると、ここ数回のお稽古で感じています。

 きっとすばらしい舞台になるに違いない。

 あと一歩 …

 風邪をひかないで、みんな元気で本番の日を迎えられますように。

                         由紀の母

11/09

2012.11.10 18:15|稽古の様子
残る稽古もあと数回。

今日も通し稽古をやりました。
しかし、やはりなかなか新しく作ることは難しいもので・・・
前回やったことを、なぞるだけではよくないと団先生も仰っています。

なんとか、吹っ切れることはできないのか・・・焦りを覚えつつ考える日々です。


残り少ない稽古を、1回1回大切に過ごしていきたいです。


実優

文化的4日間。

2012.11.05 21:12|稽古の様子
11月2日(金)〜5日(月)は、文化の日もはさんで4日間連続稽古でした。
2日は取材の方と師匠、3日は照明:光田さん、4日はS木夫妻、お花屋さんが、稽古場に来て下さる中、通し稽古を繰り返し、貴重なアドバイスをいただき、作品に光りがさし、課題がさらに明確となってきました。
で、今日11月5日は、月曜メンバー+高橋先生も参加しての稽古。
代役を立てながら、課題となる場面、課題となる役者(私も)中心の稽古となりました。
残り時間の少ない中、連日稽古の最後に、丁寧に稽古できたことで、何か掴めたか、何が掴めなかったか、、。
今の気持ちをキープして、より高めて、良い舞台になるよう頑張るしかないですね。
麻子

11月2日(金)

2012.11.02 23:14|稽古の様子
合宿後、はじめての稽古。
磯貝メソッドの五十嵐氏が来られていた為か、みんな妙に声を張っていて、なんだか不思議なテンションで通し稽古が始まった。段取りだけは、手慣れた感じになってきたものの、肝心の芝居に進歩がない(団さん談)…

もう何回も稽古が無い!!
このまま小さくまとまって本番を迎えてしまうのか??

そんな危機感迫る中、ついに明日は「ツッコミの救世主」光田君が来てくれる!

「弱みを見せるのが難しい時って、誰にでもあるだろ?」な~んて言ってないで、明日は弱みをバンバン見せて、光田君にガンガン突っ込んでもらって、一皮むけようじゃありませんか!!


高橋先生
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。